その時代を生きてきたいろいろな人の想いがお好み焼きの丸い中に込められています。
 かっちゃんでは、広島のお好み焼を通して、たくさんの人たちの笑顔が見られる事を強く願っています。
そのために、生産者が大切に育ててきた新鮮な食材を皆様に届けられるようこれからも努力していきます。
 広島で産まれ育ち、お好み焼きの歴史を背負う焼き手の一人として、これからも福島でお好み焼きを焼き続け、お好み焼きに込められたメッセージを伝え続けて生きます。

広島県庄原市産『ヒバゴンネギ』

 『ヒバゴンネギ』は一番高い等級のものだけが名乗れる称号です

ヒバゴンネギのセールス

ヒバゴンネギの生産地域
 
江の川の源流・中国山地の山奥の広島県西城町で育ったヒバゴンネギは、「綺麗な水」・「元気な土」・「栽培に適した気候」のもとで育った「元気なねぎ」です。
ヒバゴンネギのハウス栽培
 

 

ヒバゴンネギの特徴

ヒバゴンネギの特徴
   
40年前に比婆山に出没した未確認生物「ヒバゴン」にちなんで、西城町の特産物である青ネギの中でも、特に品質の良いものだけを「ヒバゴンネギ」という名前で販売しています。
ヒバゴンネギの生産地
土耕栽培ならではの、「ネギ本来の香の良さ」が自慢です。
標高300m台の為、夏場でも高品質な青ネギの出荷が可能です。
 

 

ヒバゴンネギの栽培

ヒバゴンネギの栽培
   
施設栽培のため、農薬低減・灌水管理が行え、高品質安定出荷が可能
ヒバゴンネギの生産地
品質保持のため、一夜予冷を徹底しています
土壌検査・施肥始動を行っており、「元気な土」で栽培しています

 

『こだわりの土耕栽培』

 ヒバゴンネギは収穫後の鮮度を保つため、根を切らずに残したまま出荷します。
最近のネギ栽培は養分の入った水で作る水耕栽培が増えていますが、ヒバゴンネギは昔ながらの土耕栽培でネギ特有の香りが強いのが特徴です。
このヒバゴンネギを作るために特に土作りにこだわっています。
 そのひとつが米ぬかや菜種カスに発酵菌などを混ぜて作る自家製肥料で、これを土に混ぜてネギの生育に最適な環境を作り出しています。
さらには土の成分も分析して、肥料の過不足を判断するといった徹底ぶりです。
こうして作られたヒバゴンネギを生産者の方達が大切に梱包し発送され、2日後にはかっちゃんのお店に届いています。
生産者の方達の想いのこもったヒバゴンネギをかっちゃんのお好み焼、ラーメンでどうぞお楽しみ下さい。

 

コメントは受け付けていません。

トラックバックURL:
http://katchan.info/kodawari/2015/12/08/%e5%ba%83%e5%b3%b6%e7%9c%8c%e5%ba%84%e5%8e%9f%e5%b8%82%e7%94%a3%e3%80%8e%e3%83%92%e3%83%90%e3%82%b4%e3%83%b3%e3%83%8d%e3%82%ae%e3%80%8f/trackback/