2016年は念願のリニューアル工事から始まり、カープが25年ぶりのリーグ優勝!
そしてそして何と広島県尾道市の「観光大志」にも選んで頂きました。
 実のところ、僕の両親は尾道の出身で、小さな頃は、じいちゃんばあちゃんの家によく泊まりに行き、しょっちゅう尾道で過ごしていました。
 今でも覚えているのは、泊まりに行くと毎朝必ず、じいちゃんと散歩に出かけ長いなあって思いながらみかん畑の中の道を歩いていたことと、浄土寺の鳩にエサをやりに行って、ラムネを買ってもらって飲んでいた事を今でも覚えています。
 今でもなんで懐かしい古い街並みがそのまま残ってるんかなって母親に聞いた時、尾道というまちは戦争やってた頃は捕虜がたくさんおってね。じゃけ、あんまり空襲を受けんかったんよと聞き今の街並みが残っている理由も分かりました。
 両親が尾道出身だった事、僕がお好み焼屋になったこと、NHKの連続ドラマてっぱんの舞台が尾道だった事、「尾道観光大志」に選んで頂けた事。全てが線で繋がりました。
 僕の中心には尾道があり『全ては尾道から始まってたんだな』と運命を感じています。
 もしも広島に行く機会がある時には、ぜひ僕の大好きなまち、尾道に立ち寄って頂き、ゆっくりとした時間を過ごしていただけたらと思います。
かっちゃん 井上和弘  

尾道の「あれこれ」

尾道市観光課の植田さんに尾道の「あれこれ」聞きました!

 おのなび「広島県尾道市(しまなみ)の観光情報」
 https://www.ononavi.jp/index.html

尾道の由来は?

尾道という地名の由来は、一般的には「山の尾の道」から生まれたといわれています。

 現在の本通り以南は埋立地であり、昔この地は、尾道三山といわれる東から瑠璃山(浄土寺山)、愛宕山(西國寺山)、大宝山(千光寺山)の各山が海に迫り、狭い帯状の土地に山の尾根伝いに一筋の道があったことから、「尾道」と呼ばれるようになったという説があります。

尾道の魅力を教えてください?

 尾道市は、平成27年・28年と2年連続で、「日本遺産」に認定されました。山と海に挟まれた尾道、海の向こうには島並みがつづき、これらが一体となり、訪れる人を魅了させます。
 街並みについては、景観保護地域のように管理されたものではなく、普通の生活が普通に残っており、気取らず、押し付けがましくないところも魅力のひとつでしょうか。
 ぜひ、尾道を訪れ、古寺めぐりなど、ぶらっと歩いてみてください。思いおもいの時間を過ごせ、思いおもいの尾道を感じていただけるはずです。

尾道に来たら、これ!!という食べ物は?

やはり尾道ラーメンと尾道焼き(お好み焼き)でしょうか。尾道ラーメンは、醤油ベースに豚の背脂を浮かべたスープが特徴です。
尾道焼きは、いか天とゆでた麺をベースに、砂ずりや海の幸を入れて焼いているのが特徴です。
 レモンも良いですね。国産レモンは、尾道市瀬戸田町が発祥地で、生産量は全国一です。それから、いちじくもあります。蓬莱柿(ほうらいし)という、とても甘い品種があります。
 書ききれないほどのオススメがありますよ。

コメントは受け付けていません。

トラックバックURL:
http://katchan.info/onomichi/2017/01/23/%e5%b0%be%e9%81%93%e3%81%ae%e3%80%8c%e3%81%82%e3%82%8c%e3%81%93%e3%82%8c%e3%80%8d/trackback/