その時代を生きてきたいろいろな人の想いがお好み焼きの丸い中に込められています。
 かっちゃんでは、広島のお好み焼を通して、たくさんの人たちの笑顔が見られる事を強く願っています。
そのために、生産者が大切に育ててきた新鮮な食材を皆様に届けられるようこれからも努力していきます。
 広島で産まれ育ち、お好み焼きの歴史を背負う焼き手の一人として、これからも福島でお好み焼きを焼き続け、お好み焼きに込められたメッセージを伝え続けて生きます。

田中商店こだわりのもやし

田中商店もやしのこだわり・かっちゃん

田中さんが作るもやしには、想い、情熱、気持ちが込められています。
だから、かっちゃんは田中商店のもやしを、ずっと使い続けます。

種子の状態から出荷できるまでは丸5日
 
 田中さんの作るもやしは、まず室温28度、湿度70%の室の中で、ブラックマッペ、緑豆、大豆などの種子を発芽させるところから始まる。
42度の湯の中で9時間半ほど漬け込み、栓を抜くと、もう殻を破って発芽。そこから一定間隔で自動散水を行い、掛け水温、室温を一定に保ってやると、もやしはぐんぐん大きくなっていく。
そして細もやしでは丸5日、50㎏ほどだった豆が400㎏ものもやしに成長し、大きなコンテナがいっぱいになる。育ったもやしは豆殻の除去と洗浄を繰り返し、脱水されると真空包装される。徹底した生育環境があるからこそ、安定したもやし生産が可能となっている。

田中商店のこだわりもやし

1.反転機
移動枠で育てられたもやしを洗浄ラインへ投入します。
2.殻取りバイブレーター
振動するパンチング装置で 豆殻の80%を除去します。
 
 
3.第一水槽
もやしの洗浄、さらに殻取りをします。
4.スパイラルウォッシュマン
循環水流により、残った豆殻ともやしを分離させます。
5.振動コンベヤ
分離された殻や、短くこま切れたもやしを回収します。
6.仕上げシャワー
きれいな水のシャワーで仕上げの洗浄を行います。
7.除水機
2機のブロアで強力に除水します。
8.小袋包装機
金属検知機を通り、目視しコンテナへ詰めていきます。
到 着
2日後には丁寧に箱詰めされてかっちゃんのお店に届きます。
綺麗に並べて箱詰めされたもやしにも商品に対する愛情を感じます。

栄養について
 
成長過程の中で、種子の状態では含まない栄養素をたくさん生み出していくんです!
■食物繊維
 整腸作用、便秘改善、大腸癌の予防
■ビタミンC
 身体の免疫作用の強化、美肌効果
■ビタミンB1
 疲労回復、皮膚や粘膜の健康維持
■ビタミンB2
 脂質の代謝促進、ダイエット効果
■カリウム
 血圧を下げ、心臓機能、筋肉機能を調整
■アスパラギン酸
 エネルギー代謝を助け疲労回復効果
■アミラーゼ
 胃腸の調子を整え食欲増進
■GABA
 高血圧予防、ストレス緩和
 
繊細なもやし生産。
こだわって作り続ける。
 
 「もやし生産は、他の農業のように自然の影響は少ないですが、ちょっとした変化が、ダイレクトに跳ね返ってきます。
散水の温度0.5度の違いでもやしの長さや収穫量が変わってきます。
また、万が一トラブルなどで4時間おきの散水が一度行われなかっただけで、もやしが全滅してしまう恐れがあります」
 広島のお好み焼には、水分量が少なくひょろっと長い「細もやし」が欠かせない。だからこそ、待っている人のためにも、休みなく作り続けなければならない責任がある。
「仕込みから出荷まで、何もしなくていい日はないですが、『たなか』のもやしにこだわってご使用いただいている飲食店様、おいしいと言ってくれるお客様がいることが励みになります。
欠かせない脇役として、これからも広島の食を支えていきたいですね」
 『たかがもやし、されどもやし』
こここにしかないものをこだわって作り続けていきます。
 
もやしの田中商店
(有) 田中商店
広島市安佐南区伴東2丁目6番4号
TEL:082-848-0050
 
お客様へのメッセージ
 
「たかがもやし、されどもやし」
お好み焼きを食べる時、かっちゃんが焼いている時、時々もやしの事を気にかけてみて下さい。
そこに遠く 広島から仕入れているかっちゃんのこだわりを感じていただけたら幸いです。
こだわりの食材の一員となれていること、嬉しく思います。
今後ともよろしくお願い致します。
 

(有) 田中商店
代表取締役 田中 真行

 
田中商店スタッフ

コメントは受け付けていません。

トラックバックURL:
http://katchan.info/kodawari/2017/08/23/%e7%94%b0%e4%b8%ad%e5%95%86%e5%ba%97%e3%81%93%e3%81%a0%e3%82%8f%e3%82%8a%e3%81%ae%e3%82%82%e3%82%84%e3%81%97/trackback/