その時代を生きてきたいろいろな人の想いがお好み焼きの丸い中に込められています。
 かっちゃんでは、広島のお好み焼を通して、たくさんの人たちの笑顔が見られる事を強く願っています。
そのために、生産者が大切に育ててきた新鮮な食材を皆様に届けられるようこれからも努力していきます。
 広島で産まれ育ち、お好み焼きの歴史を背負う焼き手の一人として、これからも福島でお好み焼きを焼き続け、お好み焼きに込められたメッセージを伝え続けて生きます。

広島県尾道市福地町『島谷食品のいか天』

島谷食品のいか天

 『出来立てのいか天』を美味しさそのままに
広島県尾道市福地町の工場から直送!!

いか天へのこだわり

いか天の味
 

 昭和32年の創業以来、乾燥させたいか(するめ)をローラーで薄く伸ばした「伸しいか」を揚げたものを、弊社のいか天として販売してまいりました。するめは一枚一枚大 きさや厚みが少しずつ異なるため、伸しいかもすべてが均一にはなりません。そのため、美味しく見た目も良いいか天を作るためには、フライ工程をはじめどの製造工程にお いても技術や十分な経験が必要になります。なかなか思うようにはいかず難しいこともありますが、いかそのものを揚げることを現在まで大事にしてまいりました。


いか天のコクと風味

いか天の製造
栄養素は脂質と炭水 化物がほとんどのいか天 ですが、原材料のいかに 由来するタウリンが含ま れています。いかの旨味 と油脂のコクにより、 トッピングに使うこと で、お好み焼の風味を大 きくアップさせてくれま す。ちなみに、大阪から 北九州辺りでは、かめば かむほど旨味がにじみ出 るソフトタイプのいか天 が好んで使われています。

 

より深い 味わいにする 天かす
 
 天かすはお好み焼と の相性も抜群です。熱を 受けて美味しい脂を溶 かし出すことでお好み焼 にコクをプラスする役目をします。さらに拡大すると内部がスポンジ状の構造になっている天かすは、ほかの食材の旨味を吸収し包み込みます。そのため、より深い味わいが楽しめます。天かすに は揚げ物と同じ風味があり、食感もあるのでほかの料理にも活用できます。

 

 

いか天の製造
 

いつもお世話になりありがとうございます。広島のお好み焼にはいか天が欠かせない存在で、お店はもちろん、家庭でも人気のトッピングのひとつになっています。
 広島と福島は遠く離れておりますが、かっちゃんを通じ、広島の味を福島のお客様にお届けできることを大変嬉しく存じます。弊社におきましても、その時その瞬間を大切に、これからも丁寧に美味しいいか天をつくってまいります。
島谷食品代表
島谷食品
代表取締役社長 島谷茂登

 

 

コメントは受け付けていません。

トラックバックURL:
http://katchan.info/kodawari/2016/10/18/82/trackback/